【無料】プレゼント付き!公式メルマガ

Amazon小口出品と大口出品、おすすめは?それぞれの特徴を紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月から「せどり」を始めたド素人が45日で月収30万円を稼いだ方法をお教えします。仕入れたもの・売れたものも包み隠さず全部公開しています!「ブックオフを収益基盤にしたオールジャンルせどり」を提唱しております。7ヶ月目で月収100万円、10ヶ月目で月収300万円を突破して、ブログ・情報発信についても絶賛コンサル中です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!伊藤です。

アマゾン販売初心者の方によくある質問で、「大口出品と小口出品どっちがいいの?」っていうのがあります。私はアマゾンで販売を始めた頃からずっと大口出品ですが、あなたの販売スタイルによってどちらをオススメするかが変わってきます。

今回はアマゾンの大口出品と小口出品について、それぞれの違いを解説した上で、販売スタイルに沿ったおすすめの出品方法について紹介します。

 

Amazon小口出品と大口出品それぞれの選び方を紹介

Amazon小口出品と大口出品それぞれの選び方を紹介

ずばり結論から入ります。

判断する軸は1ヶ月あたり50商品以上売る、もしくは5,000円以上の売り上げがあがるかどうかの2軸のみです。

1ヶ月あたり50商品以上売る算段があるか、5000円以上の売り上げが見込める人は、迷わず大口出品を選びましょう。

逆に1ヶ月あたり50商品以上売らないかつ5000円以上の売り上げが見込めないという人は、小口出品を選ぶのがおすすめです。

初心者の方でまだどういった商品で攻めるかは決まってないけどとりあえず始めたいという方であれば、小口出品から初めて本腰入れる時に大口出品に切り替える、という方法もありです。

ここからは大口出品と小口出品の特徴について詳しく紹介します。

 

Amazon小口出品の特徴と注意点

Amazon小口出品の特徴と注意点

小口出品の大きな特徴は、月額料金が一切かからないことです。そのため、まずは片手間で始めたいと言った方や、一つ売れば大きく利益が出るような商品をせどりで扱う人にはおすすめです。

一方で、大口出品に比べると機能面で劣る部分があるため注意が必要です。詳しく紹介します。

 

FBAは利用可能

FBAとは、Fullfilment by Amazonの略でAmazonが提供する物流サービスです。

ざっくり言えば「商品をAmazonに送っておけば商品管理、注文処理、出荷、配送、カスタマー対応まで全てAmazonで引き受けますよ」と言うものです。

Amazonでせどりをする際にはFBAか自己発送か、最初に選ぶ必要がありますが、大口出品でも小口出品でもどちらでもFBAを利用することは可能です。

 

小口出品は商品売り上げ時に100円の手数料が課せられる

Amazon小口出品では、大口出品のように月額料金は掛かりませんが、商品が売れる度に100円の手数料が一律で課せられます。

これが1ヶ月あたり50商品以上売らない且つ、5000円以上の売り上げが見込めないという方へ小口出品をおすすめする理由です。

 

商品を売りやすくするほとんどの便利機能が使えない

大口出品では、一括出品やショッピングカートボックス取得資格、プライムマークの付与といった商品の販売をサポートする機能が豊富に用意されています。

後の章で詳しく紹介しますが、それら便利機能は小口出品においては利用することができません。

 

小口出品では現金決済を選ぶことが出来ない

Amazonでは現金による決済手段として以下の2つが用意されています。

  • コンビニ決済
  • 代金引換

これらの決済手段は、大口出品者に鍵って利用可能なため、小口出品者では利用することができません。また、現金決済ではありませんがEdyを用いた決済も不可です。

 

出品できるカテゴリに制限がある

Amazonの小口出品では、出品できるカテゴリに制限があります。時に気をつけたいのは以下のようなカテゴリではないでしょうか。

  • 時計
  • アパレル・シューズ・バッグ
  • コスメ
  • ジュエリー
  • イタリア産の商品
  • おもちゃ&ホビー商品に関するホリデーシーズン中の出品

例えばブランドバッグなど高級時計のせどりを狙っている方であれば、在庫数が少ないからといって小口出品であればそもそも出品することができません。

上記の商品を扱うのであれば、迷わず大口出品を利用しましょう。

 

Amazon小口出品がおすすめの方の例

Amazon小口出品がおすすめの方の例

これらの注意点を考慮すると、以下のような方であれば、小口出品から始めるのがおすすめです。

 

例① 副業に避ける時間があまり無い方

せどりを行う際には、仕入れや商品の登録などにどうしても時間を要します。そのため50商品以上も取り扱う余裕がない方などであれば、小口出品で少しずつせどりを行うのが向いてるかもしれません。

ただし小口出品の場合、商品登録時の必須項目は一括で登録することが出来ないため、一つ一つの商品を登録するため時間が必然的に必要になります。扱う商品数によっては結果として小口出品の方が商品の登録時間に時間が掛かる、といったことにもなりかねないため注意は必要です。

 

例② 仕入れ値の高い商品を狙う方

1商品あたり3万円のプリンターとかをひたすら出品するスタイルの人です。相場の高いも月間50点を出品するのは予算的にも厳しいため、個数を絞ってせどりをすることになると思います。

ただ先述の通り、出品できないカテゴリの商品は扱えないため、注意しましょう。

小口出品から大口出品への切り替えは可能ですので、扱う商品数が増えてきたら大口出品へ切り替えることも可能なため、せどり初心者の最初のステップとして小口出品から始めるのも方法としてはありです。

\実際にせどりってどうやるの?/

せどりが学べる!無料メルマガに登録する

 

Amazon大口出品の特徴と活用ポイント

Amazon大口出品の特徴と活用ポイント

小口出品では月額料金がかからないという点を主な特徴にあげましたが、一方で大口出品には商品を売りやすくする多くの仕組みが用意されてます。この記事ではその中でも特にメリットを感じられる特徴と、大口出品の活用ポイントを紹介します。

 

月額料金はかかるが、販売手数料はかからない

大口出品にすると、毎月4900円の利用料が掛かります。その代わり、小口出品で課せられていた販売手数料は掛かりません。これが50件以上売るか売らないかの最も大きな理由になります。

 

商品を売りやすくする機能が豊富

小口出品で制限されていた機能が、大口出品では全て開放されます。その中でも特におすすめの機能は以下の4つです。

  • 一括出品
  • ショッピングカートボックス取得資格
  • primeマークの取得
  • カタログの新規登録

以下で簡単に紹介します。

 

一括出品で作業を効率化することが可能

Amazonに商品を登録する際に必須項目が7つあります。Amazon大口出品では一括出品機能を用いることで、これらの項目を何個でも一気に登録することができます。

具体的にはエクセルやGoogle SpreadSheetなどを使って、自分が出品したい商品の必要項目を入力し、Amazonの管理ページにファイルをアップロードすることで一括で商品を登録することができます。

もちろん必須項目だけでなく、任意項目も必要に応じて同時に記入することも可能です。

小口出品だと、Amazonの管理画面から一つの商品ごとに必須項目を入力していく必要があります。

小口出品は49個までの商品を売る方にとってはおすすめと紹介していますが、仮に30個の商品を登録するとなると結構な労力です。

慣れればそこまで大変な作業ではないかもしれませんが、それでも圧倒的に時間に差が生まれるので、効率を考えるとこの機能だけでも大口出品はかなり恩恵を受けると思います。

 

ショッピングカートボックス取得で商品が売れやすくする

Amazonは仕組み上、検索結果や詳細ページに同一商品を1つだけしか掲載しません。

その1つになる確率を格段にあげることが出来るのが「ショッピングカートボックス取得資格」です。

ショッピングカートボックスはみなさんが商品をAmazonで買うとき、ポチッと押した商品説明ページの右側に表示される「カートに入れる」ボタンや価格などが記載されている部分のことです。

画像で見るのが早いと思います。つまり下の画像の赤枠で囲まれた部分です。

画像で言うとNintendo Switchは他に250件の出品者がいますが、その中で1件だけが、このページを占領することが出来ます。それ以外の出品者の商品は、右下の文字ベースの部分からしか商品を買ってもらえません。

ショッピングカートボックスが獲得できれば、ライバルより圧倒的に商品が売りやすくなります。

この資格取得機能は大口出品者しか使えず、小口出品者はそもそも資格取得する機会も与えられないのです。

 

primeマークの取得で商品の訴求力を底上げ可能

Amazonはとにかく商品を注文してから届くまでの時間が短いことがユーザーにとっては嬉しいポイントです。

大口出品者はマケプレプライムという、いわゆるprimeマークを商品につけることが出来る機能が使えます。

primeマークが商品に表示されれば、お急ぎ便、当日お急ぎ便などが無料で利用できるAmazonプライム配送特典の対象商品になります。

先述したショッピングカートボックスの獲得率がアップするなどのメリットもあります。

ユーザーとしても、primeマークの付いている商品は優先的にチェックする人が多いため、自分の商品にprimeマークが付くだけで、ユーザーから目につきやすくなるので選んでもらい安くなります。

またAmazonの絞り込み条件には「prime商品」もあるため、仮にあなたの商品にprimeマークがついてなかった場合、ここにチェックを入れられた際にはあなたの商品は一生ユーザーに見つけてもらえません。

こういった機会損失を増やさないことにも有効です。

 

カタログの新規登録で自由に商品を出品可能

まずカタログとは、Amazonの商品ごとの詳細ページのことです。Amazonではカカタログと言われる掲載可能な商品リストから、該当の商品を選んで出品するのが一般的です。

小口出品ではカタログに載っていない商品を新規登録することは出来ないため、誰かがカタログに追加してくれるのを他ないといけません。ちなみにこの出品方法は「相乗り出品」と言われます。

一方、Amazon大口出品では仮に自分が出品したい商品がAmazonのカタログになかった場合でも、自らカタログに新規登録して出品を行うことが出来ます。

つまり自由に自分が売りたい商品を出品することができるので、ニッチな商品をみつけたら自分が一番最初に販売開始をすることもできるのです。

 

Amazonでせどりをするなら、おすすめは大口出品(後から切り替え可能)

Amazonでせどりをするなら、おすすめは大口出品(後から切り替え可能)

Amazonの小口出品と大口出品の特徴について紹介してきました。

最初に述べた通り、大口出品の方が圧倒的にせどりを効率的に進めることが可能なため、おすすめということがお分かりいただけたかと存じます。

どうしても最初から大口出品で固定費を掛けたくないという方は、小口出品からお試しで始めてみるのも悪くないでしょう。

私がせどりを始めた頃は小口出品から大口出品への切り替えが出来ませんでしたが、現在はどちらからも切り替えをすることが可能です。

最初は小口出品で助走をつけて、50個以上、もしくは4900円以上稼げる見込みが出てきてから大口に替えるということもありです。

せどりを始めて5000円、1万円稼ぐのはそこまで難しいことではありません。

現在はモノレートなどの便利な機能がありますし、私のこのブログでも紹介している方法を真似するだけで十分稼げる額です。

私も最初は大口出品に登録して、本当に稼げるのか?毎月50商品も販売できるのか不安でした。ただ、せっかく4900円も払ったんだから、絶対に損はしないぞ!ってマインドになって結果として意欲的にせどりに専念することができました。

先で述べたように、大口出品者にはAmazonで商品を売り安くするための機能が豊富に用意されています。私自身も、Amazonのショッピングカートボックスを取ることができるとやはり売れやすいと実感しています。

いずれにせよどちらに登録するかを決めたら、あとは実際に登録してバンバン仕入れをしていくだけです。あなたがせどりで稼いで自由な人生を手に入れることを心から願っております!

\実際にせどりってどうやるの?/

せどりが学べる!無料メルマガに登録する

週1日の副業で、月収10万円アップを目指しませんか?

プレゼントはコンテンツボリューム70本超えの超特大教材です。

【超後発組xせどり成功戦略】初心者の方でも月収10万円稼ぐ手法を学びます。家電量販店・ホームセンター・リサイクルショップ店舗別の攻略法も徹底的に解説しています。

【セット本せどり解体新書】私が今でも月収30万円稼いでいるリアルな手法をお伝えいたします。利益の出た商品も実例付きで解説しています。

※注意点※
無料プレゼントに申請いただきますと、いとう社長【公式】メルマガに同時登録されます。メルマガ登録の自動返信1通目にプレゼントのURL・パスワードを記載しております。

この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月から「せどり」を始めたド素人が45日で月収30万円を稼いだ方法をお教えします。仕入れたもの・売れたものも包み隠さず全部公開しています!「ブックオフを収益基盤にしたオールジャンルせどり」を提唱しております。7ヶ月目で月収100万円、10ヶ月目で月収300万円を突破して、ブログ・情報発信についても絶賛コンサル中です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 超後発組 X ネットビジネス成功戦略! , 2021 All Rights Reserved.