【無料】プレゼント付き!公式メルマガ

カインズホームせどりノウハウを徹底解説!【初心者でもカンタンです】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。伊藤(@hirokazuito0821)です。

今回は、カインズホームのせどりについて解説します。

皆さんのお近くにもホームセンターはあると思いますが、ホームセンターはそれぞれのチェーン店によって見るべきポイントや仕入れの狙い目時期が微妙に違います。

それぞれの特徴を押さえてぜひ利益商品を見つけてみてくださいね。

それでは早速いきましょう!カインズ仕入れのポイントは3つです。

  • ワゴンや赤値札は必ずチェック
  • 日用品、家電、乗用玩具が狙い目
  • 仕入れに向くカインズと向かないカインズがある

では、詳しく解説していきますね。

 

カインズとは?


カインズは郊外にお店を構える、大型のホームセンターです。特に中部、関東に多く出店していますよ。店舗が大きく1万平米を超える広さがあります。

店舗規模はコメリやケーヨーデイツーよりも大きく、値段も安いところが特徴。また、商品数は10万種類を超えるほど豊富で、なんでも売っているところが魅力です。

 

カインズってどこにあるの??

カインズって日本全国で見かけるイメージのあるホームセンターなのですが、実際にどのあたりに店舗があるのか?をみていきましょう。いつも通り、ロケスマで調べていくとこんな感じでした。

北関東から関西エリアまで幅広く分布しているのが分かります。札幌周辺にもあるのですが、四国と東北エリアには残念ながら店舗がありませんね。

ちなみにこの画像はロケスマでの検索結果です。近くにどんな店舗があるのかをサクッと検索することができます。スマホアプリもあるので、店舗せどりをやるなら必須のツールですよ。

合わせて読みたい
ロケスマの詳しい使い方はこちらの記事をどうぞ。

 

カインズで仕入れるメリット

在庫数が多いので、1つ利益商品を見つけたらまとめて仕入れることができます。陳列された商品以外にもバックヤードに在庫があるので、店員さんに声かけをすれば仕入れができますよ。

在庫がある限り仕入れができるので、一撃数万円も可能です。また、商品の種類が多いので、ライバルせどらーが見つけていない在庫処分品が残っていることが多くあります。

足を運べば仕入れができるのがカインズの魅力。意外なお宝商品が見つかることもありますよ。とくにせどりのスキルをアップをしたい人にカインズはおすすめです。

 

カインズで仕入れるデメリット

カインズは店舗が広く商品数も多いため、初心者の場合「どこからリサーチすればいいのかわからない」と迷ってしまう人が多いです。また、カインズは自社ブランド製品(PB)に力を入れているので、仕入れづらいと感じるせどらーも多いですよ。

しかし、記事で紹介するカインズの特徴を理解すれば、簡単に仕入れができるようになります。カインズのポップ値札に関しても初めは分かりにくいですが、ポイントを抑えれば大丈夫ですよ。

 

カインズの仕入れ時期


カインズで仕入れをするのに最適な時期を3つご紹介します。

 

決算セール

カインズの決算時期は2月なので、長期在庫品がまとめてワゴンセールになるので狙い目です。決算セールの時期は必ず仕入れに行きましょう。

家電量販店や大手のホームセンターの決算日は3月に集中しているので、3月は決算セール狙いのライバルが増えます。カインズホームは決算日が2月なので、ライバルが激増することもないのでオススメの仕入れ先と言えます。

 

年末年始

年末年始は冬物家電のセールがあります。特に、加湿器、こたつ、ホットカーペット、ヒーター類などの家電が安くなりますよ。大型商品の仕入れになるので、送料と利益を計算してから仕入れにいくのがベストです。

 

シーズン(季節)の変わり目

シーズンの変わり目は、季節商品が狙い目ですよ。夏の終わりだと、夏物家電、子供用のプール、冷却用具
などの在庫商品がセールになります。回転率などを考慮し仕入れをしましょう。

季節商品を仕入れる場合は、必ずそのシーズンで売り切れるか?ということを意識して仕入れをしていきましょう。例えば3月などのシーズン終わりに冬物を仕入れるのはやめておく方が賢明です。不良在庫で最悪、次の冬まで半年以上、売れなくなってしまうので。

 

カインズで仕入れるコツとノウハウ

カインズで仕入れるときのコツとノウハウを3つご紹介します。

 

「さらにお安く」の値札

カインズは「さらにお安く」の値札を中心にリサーチしましょう。定価より安いので利益商品が見つけやすいですよ。例えば上記画像の商品ですが、2,980円の商品が980円になっています。こういう値引率が大きい値札から優先的にリサーチしていくようにしていきましょう。

とくに、値下げ金額の大きいものや数量限定と書かれているPOPは要チェックです。また、定番商品が特売品として値下げされていることもあるので、出品者をモノレートで確認した上で仕入れをしましょう。

「さらにお安く」の値札以外には、「お一人様1点限り」と個数制限がかかっている商品も安くなっている可能性が高いです。ただ、「SALE」とだけ書かれたPOPはあまり安くないので、スルーして良いです。

 

ワゴンセール

カインズでは、見切り品が集められたワゴンセールがあります。ほとんどの店舗で、店の入り口から入って、右か左の大きな通路上に置いてありますよ。

キッチン用品、事務用品、工具類、衣類用品など、様々なカテゴリーの商品がまとめて置いてあります。効率よくリサーチできるので、必ずチェックしましょう。

もしワゴンがない場合は、値引き品の棚が設置されているお店に多いです。レジの近くのケースに置いてあるので、確認しましょう。カインズのプライベートブランド商品(FB)や単価の低いものは外し、高く売れそうな商品だけリサーチするのがポイントです。

定価50%引きの商品や有名ブランドをリサーチすれば、利益商品が見つかりますよ。

また、売り場ごとにワゴンが設置されている店舗もあります。特に電動工具や金物類のワゴンは利益商品が見つかることが多いですよ。電気工具はカインズに限らず、ホームセンターで仕入れやすいカテゴリーの一つなので、見つけたら必ずリサーチしましょう。

 

赤値札

赤値札はワゴンセールになっておらず、それぞれの商品コーナーにあるので、見落とさないように注意です。

赤値札の場合は、JANコードに赤いシールが貼っているのが特徴ですよ。リサーチしづらいため、ライバルがチェックしていない可能性が高いです。利益商品が見つかることが多いので、面倒がらずにチェックしましょう。

 

カインズ仕入れの特徴

カインズ仕入れの特徴を5つご紹介します。カインズの特徴を理解して、効率的に仕入れをしましょう。

日用品

在庫数が多いので、日用品は利益商品が見つかりやすいです。一撃で数万円を狙える商品もありますよ。水筒はオールシーズン需要があるので、季節が変わっても高回転です。

とくに保冷温機能が付いている水筒は、利益が取れるので要チェックですよ。ディズニー、ジブリ、人気キャラクター、サーモス、象印、など有名メーカー品をリサーチしましょう。

 

家電

カインズの家電は値段が安いのが特徴です。叩き売りの値段で販売されていることもありますよ。とくに夏や冬の終わりには、現品限りや在庫限りで30~50%オフになるので要チェックです。

 

子ども用の乗用玩具

カインズに限らずホームセンターでは子ども用の乗用玩具が狙い目です。乗用玩具にはキャラクターものが多く人気キャラクターの型落ち品はプレミア価格で売れることがありますよ。

とくに、「くまのプーさん」「スティッチ」「きかんしゃトーマス」「ハローキティ」「ボンボンリボン」などが人気です。

乗用玩具は自転車のように送料は高くないので安心してください。乗用玩具は宅配便160サイズ以内で送れる場合がほとんどなので、送料を考えた上で利益が取れそうな商品を仕入れましょう。

乗用玩具は送料が高いイメージがあるため、多くのライバルせどらーはリサーチしていません。カインズ仕入れでは、乗用玩具は利益を取りやすいので、ぜひリサーチしてみてください。

 

メディア類

メディアコーナーに在庫処分品として置いてあります。廃盤商品もあるので利益が出やすいですよ。

 

ペット類

決算時期、GWなどの長期休み期間中に安くなります。

長期在庫のペット商品は50%オフになってることが多いので狙い目ですよ。

 

カインズ仕入れの注意点


カインズ仕入れをする場合に注意点があるのでご紹介します。

 

FBAで販売できない商品がある

リチウム電池を内蔵した電動工具は危険物のため、FBAで販売できないのでしっかり確認してから仕入れましょう。

もし仕入れた場合は、Amazonで自己発送か、メルカリやヤフオクで販売すればOKです。

 

商品がホコリまみれ

展示品や現品在庫の商品はホコリまみれなことが多いので、仕入れるときは注意しましょう。店員さんにお願いすれば、商品のホコリを取り除いてもらえますが、きれいにホコリ汚れが取れることは少ないです。

そのため新品在庫がある場合のみ仕入れをするのがいいでしょう。

また、展示品は新品での出品ができないので注意です。もし新品で出品した場合クレームの原因になりますよ。箱がある場合は、中古「ほぼ新品」コンディションで出品することができます。箱がない場合は、「非常に良い」です。

 

付属品の欠品

展示品が安くなっている場合は付属品が付いてないことが多いので、しっかり確認しましょう。ネジやストラップなど細かい付属品が欠品していることがよくあります。

展示品の場合は中古品になるので、利益30~50%など高い利益率以外なら仕入れオススメしません。

 

店舗によっては値引きの仕方が違う

カインズは仕入れやすい店舗と仕入れられない店舗の差がはっきりしています。タイミングにもよりますが、仕入れられない店舗は何度行っても仕入れが難しいので、店ごとの特徴を掴むのが大事ですね。

店舗ごとの値引きの違いを理解して、仕入れやすい店舗を見つけることがカインズ仕入れの鍵になります。

 

まとめ


今回は、カインズホームの仕入れについて解説しました。

カインズ仕入れのポイントは3つです。

・ワゴンや赤値札は必ずチェック
・日用品、家電、乗用玩具が狙い目
・仕入れに向くカインズと向かないカインズがある

カインズは商品数が多く値札がわかりにくいですが、今回ご紹介したカインズ仕入れのコツをしっかりつかめば利益商品は取れます。

ぜひ仕入れにチャレンジしてみてくださいね。

週1日の副業で、月収10万円アップを目指しませんか?

プレゼントはコンテンツボリューム70本超えの超特大教材です。

【超後発組xせどり成功戦略】初心者の方でも月収10万円稼ぐ手法を学びます。家電量販店・ホームセンター・リサイクルショップ店舗別の攻略法も徹底的に解説しています。

【セット本せどり解体新書】私が今でも月収30万円稼いでいるリアルな手法をお伝えいたします。利益の出た商品も実例付きで解説しています。

※注意点※
無料プレゼントに申請いただきますと、いとう社長【公式】メルマガに同時登録されます。メルマガ登録の自動返信1通目にプレゼントのURL・パスワードを記載しております。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 超後発組 X ネットビジネス成功戦略! , 2020 All Rights Reserved.